小ロットオリジナルノベルティ制作会社が公開|費用・おすすめの選び方

更新日:2024年6月18日
投稿日:2023年9月22日
このコラムは約7分で読めます。

オリジナルノベルティ制作でも、小ロットで記念品を制作したい場合、「そもそも小ロットでもオリジナルのノベルティが作れる?」「費用は?」「最低注文個数はあるのか?」など多くの疑問が出てきます。

そこで、日本の製造メーカーでオリジナルのノベルティ制作会社でもある、弊社「株式会社オウルテック」が、普段はホームページにも記載していない最低ロット数、費用などについて初公開します。

小ロットでも価値あるオリジナルのノベルティを作りたいという方に向け、オリジナルのノベルティの基本的な部分から、一緒に見ていきましょう。

小ロットでもオリジナルのノベルティ制作は可能?

近年は小ロットのノベルティ制作に対応するノベルティ制作会社が増えています。一方で、最低ロット数(制作対応できる最小数)が30個と決められていたり、ノベルティグッズごとに最低注文個数が設定されているケースもあります。製品を検討すると同時に、最低ロット数についても確認することをおすすめします。

オウルテックでは、最低注文個数は特別設けておらず、お客様のニーズに合わせて2〜3個からでも対応可能。小ロットでも理想のオリジナルノベルティ制作が実現します。小ロットのご依頼では、「10個」からのご依頼が多いです。

▼製品選び・デザイン〜製作〜納品まで一貫体制|制作工程はこちら▼
小ロットノベルティ制作も対応可能|お客様の希望を叶えるオウルテック

小ロットでも安く制作できる?

オリジナルノベルティにかかる費用は、選んだ製品、数量、社名やロゴ入れの大きさ・印刷方法、納期などによって異なります。以下に実例を挙げてみましょう。

例:単価2,200円(税込)の製品に「インクジェットカラー印刷」でロゴ入れをした場合
(株式会社オウルテックの場合)



  • 制作個数10個の場合の1つあたりの費用:3,300円(税込)内訳)1つあたりの製品代2,200円+プリント代1,100円


  • 制作個数30個の場合の1つあたりの費用:2,860円(税込)内訳)1つあたりの製品代2,200円+プリント代 660円



具体的なロット数や予算など決まっていなくても、まずは相談だけでもしてみましょう。小ロットや少額でも、素敵なノベルティ制作を実現されている実例が数多くあります。

▼小ロットのノベルティ制作実例はこちら▼
好評!お客様への貸し出し用モバイルバッテリーとしての制作導入事例

ノベルティのデザイン相談はできる?

制作会社によって大きく異なるところです。事前のヒアリングを実施しデザインの色味や配置などの相談に対応する制作会社、Web上でお客様自身が確認・対応などを行う制作会社など違いがあります。

印刷する社名・ロゴデザインなどはAdobe Illustratorなどの専門ツールで制作したデータを、お客様自身で準備するというのが、多くの制作会社でほぼ共通の前提です。

デザインデータの準備などが難しい場合は、オウルテックを含め相談に乗ってくれる体制がある制作会社を選ぶことをおすすめします。

▼デザイン制作から相談できる|対応例はこちら▼
デザイン制作から相談できるオウルテック

小ロットのノベルティ制作フローとは?

小ロットであってもオリジナルノベルティ制作の流れは同じです。一般的な制作フローを紹介します。


  1. お問い合わせ

  2. ヒアリング・ご提案

  3. サンプル作成

  4. 発注

  5. 生産

  6. 検品・納品



「3.サンプル作成」に関して、オウルテックではご希望いただいた場合に、サンプル1つまでを無料で提供しています。生産に入る前に、実際にデザインされたオリジナルノベルティを手に取って確認できます。

制作会社によって、「サンプル制作なし」「別の有料オプション」などとしているところもあるため、お客様の必要性にあっているかを事前に確認すると安心です。

▼オリジナルノベルティのサンプル制作|対応例はこちら▼
名入れ・サンプル制作について|オウルテック

小ロットのノベルティの制作期間と納期

小ロットであっても基本的な制作期間は同じです。制作期間のみであれば、2週間程度がひとつの目安になるでしょう。問い合わせから納品まで全体の期間としては、順調に進んだケースで、3週間〜1カ月程度です。

ただし、12月頃からは、卒業記念品や年度末に向けた企業のノベルティ制作が増え始め、特に、2月〜3月は依頼が大変混み合い、納品まで2カ月程度かかる場合もあります。

納期が決まっている場合は、相談だけでも早めにしておくことをおすすめします。

▼オリジナルノベルティの制作工程と制作日数は、こちら▼
相談~制作~納品まで一貫体制でオリジナルノベルティができるまで

ノベルティ制作で包装まで選べる?

ノベルティのデザインや製品自体に注目しがちですが、包装は第一印象を決め、この良し悪しで受け取る方の印象を左右することもあります。

選べる包装紙の数や種類、熨斗の対応など制作会社で大きく異なるところです。特に、「社長クラスに配るノベルティ」「こだわりのお客様へのノベルティ」といった場合には、包装にも配慮することでノベルティ全体の質を高め、成功へとつながります。

小ロットであっても、ノベルティを制作する目的や意図にあった包装を選びましょう。

▼熨斗・ギフト包装などノベルティ包装の対応例は、こちら▼
>>熨斗・包装・オリジナル台紙などノベルティ包装について

小ロットのノベルティでも追加制作は可能?

ノベルティの追加制作は一般的に可能ですが、デザインデータを保持する期間を過ぎると対応できない場合があります。追加制作の可能性がある場合は、データ保持期間などを制作会社に確認しておくと安心です。

追加制作時には、製品価格の変動や追加制作の数量によって制作単価が変わることがあります。追加制作の費用に関しては、都度、確認しましょう。

おすすめの小ロット制作会社① 相談しながらノベルティ制作をしたい

ここからは、オリジナルノベルティの制作会社の選び方について解説します。「相談しながら制作を進めたい」「安く制作したい」など、自社の希望と照らし合わせながら探していきましょう。まずは、相談しながら高品質なノベルティ制作を希望する方向けのノベルティ制作会社について解説します。

高品質なノベルティ制作を希望する方

「ハイクラスのお客様が対象だから包装や熨斗についても相談したい」「企業や新製品のイメージアップ・ブランディングが目的」

このような場合は、相談できるタイプの制作会社がよいでしょう。製品の選択〜デザイン・名入れ〜包装・熨斗に至るまで、専門家に相談しながら高品質のオリジナルノベルティを作成できます。

【発注・相談段階の希望】


  • ノベルティ作成で、名入れやデザインも含め一から相談したい

  • 受け取る方に喜ばれる製品を提案してほしい

  • 小ロット・予算感のところから、相談にのってほしい



【品質の希望】

  • 日本製、日本の製造会社の製品など高品質な製品でノベルティを制作したい

  • スマホ関連グッズなど電化製品では、PSEマーク(※)やメーカーの保証期間がある安心のノベルティを贈りたい



※PSE(Product+Safety+Electrical appliance & materials)マークとは、「電気用品安全法」に定められた基準で、電気製品の安全基準を満たしていることを示すマークです。
参考:電気用品安全法(PSEマーク) 日本品質保証機構

高品質なノベルティ制作におすすめの制作会社


  • 株式会社オウルテック
    小ロットでも「高品質なオリジナルノベルティを作りたい」「丁寧に相談にのってほしい」という方に最適です。自社で生産・管理をしているため、お客様の希望にあった細かな対応が可能。配慮が行き届いたノベルティ制作が実現できます。


  • 高島屋、ハンズなどの実店舗
    百貨店や総合雑貨店、ホームセンターなどの実店舗で、依頼することが可能です。小ロットの場合の最低ロット数はそれぞれ異なるため、事前の相談が重要でしょう。

おすすめの小ロット制作会社② 安い・選べるを重視したノベルティ制作をしたい

「できる限り安い価格でノベルティ制作をしたい」「低価格の製品の中でも、おしゃれな製品を選びたい」という場合におすすめのノベルティ制作を紹介します。

低コストでノベルティ制作を希望する方

限られた予算の中でオリジナルノベルティを制作したい場合は、ノベルティとして選ぶ製品を工夫すれば、オリジナルノベルティの制作も夢ではありません。

【発注・相談段階の希望】


  • 全体の予算を低く設定したい

  • 低価格の製品の中から、製品を自分で選びたい

  • デザインデータのアップロードなど、ある程度自社で対応できる



【品質の希望】

  • 品質を確保するため、元々の単価が低めの製品でもOK

  • できるだけ、名入れやロゴもきれいに印刷したい

安さと選択肢で選ぶなら、文房具ノベルティ おすすめの制作会社


  • PLUS(付箋、ノートやクリアファイルなどの文房具)
    ノートや文房具で有名なPLUSもオリジナルノベルティ制作の対応をしています。100円代の製品など単価が安い分、小ロットでも100個以上の注文が基本となっています。

  • トンボ鉛筆(鉛筆やシャーペン、ボールペンなどの筆記用具)
    小ロットノベルティについては、近くの文房具店や総合雑貨店、百貨店などを介しての相談・注文となります。

おすすめの小ロット制作会社③ アパレルや食品のノベルティもある

アパレルや食品でノベルティ制作を行うことも可能です。小ロットでも対応可能な制作会社を紹介します。

アパレルや食品でノベルティ制作を希望する方

個人向けにTシャツやトートバッグなどを、小ロットから作れるサービスを行っている制作会社があります。コーヒーやお菓子のパッケージに、社名やメッセージを印刷するオリジナルノベルティも楽しいでしょう。

【発注・相談段階の希望】


  • 洋服やタオルなどのアパレル製品でノベルティを作りたい

  • 食べ物やお菓子など、食品のノベルティを贈りたい

アパレル・食品のノベルティ制作におすすめの制作会社


  • THE COFFEESHOP(コーヒー)
    ドリップコーヒーのオリジナルパッケージを作ることができます。小ロットにも対応しています。

  • ネスレ・キットカットチョコラボ(お菓子)
    オリジナルパッケージのキットカットが作れます。小ロットにも対応しています。

小ロットのオリジナルノベルティ制作による効果

「オリジナルノベルティ」とは、社名やロゴを名入れし「オリジナルの記念品」として制作したものを指します。小ロットであっても、市販の製品を贈る効果に、さらなるプラス要素を加えることのできる、オリジナルノベルティの魅力について解説します。

企業イメージの向上

オリジナルノベルティを記念品にする1つめの効果は、受け取る方が自分を大切にしてくれていると感じる「特別感」による企業イメージの向上です。

ロット数に限らず、受け取る方を思いながらこだわって制作するノベルティは、より一層、贈る側の想いを伝えられるでしょう。

企業ロゴなどを入れたオリジナルのノベルティが普段使いできる物であれば、受け取る方に好印象を持ってもらえて、企業イメージの向上につながります。

プロモーション効果がある

オリジナルノベルティを記念品にする2つめの効果は、プロモーション効果が大きく期待できることです。

普段から使えるノベルティであれば、受け取る方の同僚や家族、友人などより広い人の目に触れる機会が増えます。高品質やセンスのいいノベルティであれば、SNSや口コミによる拡散効果も期待できるでしょう。

ブランディング効果で差別化できる

オリジナルノベルティを記念品にする3つめの効果は、ブランディングによる競合との差別化です。小ロットゆえ規模数は小さいですが、受け取る方に対する効果としては、大口のノベルティで得られるものと、ほぼ同等かそれ以上といえます。

ポイントは、贈る製品、名入れやロゴのデザインが、狙いたい企業イメージ(高品質、センスがいい、SDGsなど)と合っているかという点。包装や梱包にもオリジナル性やこだわりを出せば、さらなるブランディング効果を期待できるでしょう。

小ロットノベルティでも価値ある特別なものを贈ろう

オリジナルノベルティは「特別感」が強く、よりよい企業イメージを強く印象づけられる記念品になります。

小ロットでも制作できるため、費用をかけて制作するのであれば、名入れのない市販品を贈るよりも、オリジナルノベルティグッズを制作し贈る方が効果的でしょう。

企業イメージの向上、ブランディング効果などからしても、価値あるオリジナルノベルティを制作して、受け取る方に本当に喜んでもらえるノベルティを贈りましょう。

ノベルティのお問い合わせをしてみる

オウルテックのプレミアムノベルティサイトはこちら

個人のお客様
製品のご使用方法・製品不具合
お問い合わせ
法人様用
お問い合わせフォーム
お問い合わせ
メディア・広報様用
お問い合わせフォーム
お問い合わせ