OWL-CBHDFA-WH ファームウェアの更新について|オウルテック

OWL-CBHDFA-WH ファームウェアの更新について

このたびは、弊社製品OWL-CBHDFA-WHをお買い求めいただきありがとうございます。

本製品はiPhone/iPadなどのiOS搭載製品の画面を、

HDMI搭載テレビやプロジェクターにミラーリングするものです。

OSのバージョンアップにより、本製品のバージョンアップが必要になる場合があります。

このような場合には本製品のファームウェアの更新が必要です。

以下の更新手順に従いファームウェアを更新してください。

以下の更新手順に従いファームウェアを更新してください。

EZCastのアプリをダウンロードする

①App Storeから「EZCast」をダウンロードします。

②アプリのインストールが完了したらアプリを起動させ、画面に従って「START」をタップして、ホームメニューに移動します。

③メニューボタン>マイページボタンの順にタップし、マイページログイン画面を開きます。

④マイページログイン画面の下部の「Sign up」をタップし、アカウント登録画面に移動、必要な項目を入力し「Submit」をタップして登録を完了させてください。

⑤マイページログイン画面から、登録したメールアドレスと設定したパスワードを入力し、サインインします。

HDMIコネクターをテレビ、モニターに接続する

①USB充電器やUSB ACアダプターなどにUSBコネクターを差し込んで給電し、テレビ、または液晶モニターのHDMIポートに本製品のHDMIコネクターを接続すると、テレビ、またはモニター画面にEz Castのステータス画面が表示されます。

②お手持ちのiPhoneやiPadからデータ転送ケーブルで本製品に接続すると、iPhoneやiPadの画面に確認ダイアログが表示されたら「信頼」をタップすると、テレビ、またはモニター画面にiPhoneやiPadの画面の状態がミラーリングされます。

ここまでは通常の使用方法になります。

ファームウェアの更新をする

ここからはファームウェア更新の方法を解説します。

①「HDMIコネクターをテレビ、モニターに接続する」の①の段階で、HDMIコネクターのモード変更ボタンを細い針金などで押すと、ステータス画面上の下部の「Plug & Play」が選択されている状態から、「OTA」が選択されている状態に切り替わります。(ボタンを押すたびにモード切替が行われます)「OTA」が選択されていることを確認し、ケーブルをiPhoneやiPadと本製品に接続します。

②Wi-fiがONになっている場合、端末のWi-fi設定画面からWi-fiをOFFにし、インターネット共有設定画面で、インターネット共有をONにする。「Wi-fiはオフです」の確認ウインドウが表示されたら、「BluetoothとUSBのみ」を選択します。

③EZ Castアプリを開き、ホームメニューの画面上部にあるケーブルアイコンをタップすると、本製品と端末が接続され、「接続済み」と表示されたら、画面左上にあるメニューボタンを選択し、サイドメニューを開き、「Firmware OTA」を選択します。

④「Firmware OTA」を選択すると、「アップグレードしますか?」というウインドウが表示されるので「OK」を選択すると、ファームウェアのアップデートが始まります。iPhoneやiPad、テレビ、モニターに表示されるアップデート中の表示を確認してください。この間、iPhoneやiPad、テレビ、モニターの操作はしないようにしてください。

⑤ファームウェアのアップデートが完了すると、アップデートが正常に完了するとデバイスは自動的に再起動します。その後、Ez Castのステータス画面が表示されますので、右下にあるバージョン表示にてアップデートが成功していることを確認してください。


※自動的に再起動しない場合は、本製品をすべての機器から取り外し、10秒ほどたってから再度接続をしてください。


ファームウェアの更新は以上です。