負荷と温度の監視を行い、ファンの動作モードを自動制御。80PLUS GOLD認証取得の高出力 ATX電源を発売

2021.12.24

複数枚のグラフィックボードを搭載するハイエンド構成にも対応

株式会社オウルテック(本社:神奈川県海老名市、代表取締役:東海林春男)は80PLUS® GOLD認証 フルモジュラー式 1000W ATX電源「OWL-GPR1000」を2021年12月24日(金)より、オウルテックダイレクト及び、全国の家電量販店にて販売を開始します。 自作PCファンに支えられたオウルテックが、開発経験を元にチューニングしたPC電源です。

製品概要

昨今、CPUやグラフィックボードの飛躍的な高性能化に伴い、より高性能化、肥大化する必要電力に対応するため開発しました。1000Wと出力が大きく、CPU用8ピンコネクタも2系統あるので最上位クラスのCPUや、複数枚のグラフィックボードを搭載するハイエンド構成に対応しています。
負荷と温度の監視を行い、ファンの動作モードを自動制御で切り替える“見逃さへんモード”搭載。オウルテック独自の基準でチューニングを行い、ユーザーに安心して使用いただける80PLUS® GOLD認証も取得しています。日本製105℃電解コンデンサを採用し、製品寿命と信頼性を向上。裏配線時にとりまわしやすいフラットケーブル仕様です。
◆ 80PLUS GOLD認証取得のフルモジュラー式ATX電源「OWL-GPR1000」 製品ページ:
https://www.owltech.co.jp/product/gpr1000
◆ オウルテックダイレクト価格:29,980円(税込)

製品特徴

◆ 80 PLUS® GOLD認証取得
電源の省エネ性能や安定性の指標となっている「80 PLUS®」プログラムにおいて、80 PLUS® GOLD認証を取得しています。コンピューターの電源が20%~100%の負荷環境下では、電源変換効率80%以上がスタンダードという基準に対して、80 PLUS® GOLDは50%のシステム負荷環境下に90%の効率性を発揮する製品に対する認証です。
◆ 独自の「見逃さへんモード」を搭載
見逃さへんモードとは、稼働中に常時温度と負荷を監視し、自動的にファン駆動を調整するオウルテックの独自機能です。用途や環境に合わせて動作モードの切り替えが自動で行われ、負荷が0~20%の時はファンレスモード、20~70%の時はファンレスか低速回転、70~100%の時は温度や負荷の状況により、回転数が可変となります。また、見逃さへんモードをオフにすれば、負荷が0~70%の時は低速回転で動作、70~100%の時は温度、負荷の状況に応じて回転数が変わります。


◆ フルモジュラーなので必要なケーブルだけ接続
着脱式のフルモジュラータイプのケーブルを採用しているため、必要なケーブルだけ挿しておくことでケース内のエアフローを改善することができます。CPU8ピンも2系統あり、ハイエンド環境を構築することも可能です。

◆ 安心安全な日本メーカー製105℃電解コンデンサ採用
高品質の日本メーカー製105℃電解コンデンサを一次側・二次側の両方に搭載。製品寿命と信頼性を向上させる高品質パーツを採用、85℃品に比べ約4倍の寿命が期待できます。
◆ 品質にこだわる安心の3年間製品保証
3年間の新品交換保証付きです。ご使用中に万が一不具合などが発生した場合、無償新品交換を保証いたします。

製品仕様

・品名:OWL-GPRシリーズ
・型番:OWL-GPR1000
・対応規格:Intel ATX 12V
・サイズ (本体):約 150(W) × 160(D) × 86(H) mm
・サイズ (パッケージ込み):約 300(W) × 125(D) × 235(H) mm
・重量 (本体):約1,772g
・重量 (パッケージ込み):約3,420g
・保護回路:OPP、OVP、SCP、OCP、OTP
・同梱物:
電源ユニット(本製品) × 1
電源ケーブル × 1
ケーブル収納バッグ × 1
結束バンド × 5
電源取り付け用インチねじ × 4
取扱説明書 兼 保証書 × 1
・保証期間:3年間


         

プレスリリース

PRESS RELEASE