・クローン先のHDD/SSDは、必ず元のHDD/SSDと同等もしくは大きい容量をご用意下さい。
・クローン先のHDD/SSDが元のHDD/SSDより大きい容量の場合、元のHDD/SSDの容量のみ認識する形になりますので、残りの容量は「未割り当て領域」扱いとなります。
・認識できるHDD/SSD容量の上限は、付属の取扱説明書や製品Webページをご確認下さい。
・クローン作製の際は、元の使用容量に関係なくドライブ全体を確認しています。
 →例えば、500GBのHDD内で200GBしか使用していない場合でも、空の領域も含めて500GBとしてクローンを作製します。