つけ根部分を左に回転させると、その隙間に応じて、クランプ部が開くようになります。
開き始めが硬い時は、図のように定規やマイナスドライバーなどで、こじると簡単に開くようになります。