取り付けることには特に問題ありません。

ただし、下記に内容にご注意下さい。
※リアガラスの形状(曲面ガラス)や傾斜角度によって、ブラケットが正常に取り付けできない状態や、ドライブレコーダーのカメラが後方に向けて必要な角度に取り付けできない可能性があります。
※シガープラグコードを差し込む電源の位置をご確認下さい。延長ケーブルを使用すると正常に動かなくなる場合がございます。事前に確認をお願い致します。
※エアバッグの動作の妨げや、運転の妨げにならないように十分注意して配線して下さい。
※ワイパーの可動範囲内に取り付けて下さい。(リアワイパー装着車)可動範囲外に取り付けると、降雨時・降雪時に水滴・雪・汚れ等で映像が見づらくなります。
※取付位置は視界の妨げにならないように調整して下さい。
※リアガラスの熱線を避けて設置して下さい。
※地デジやラジオアンテナの近くに設置しないで下さい。 影響があった場合、配線の位置や取付け位置を変更する事で緩和することがあります。