問題なく使用できますが、感度が多少落ちる場合もあります。
また、現在スマートフォン・タブレットの大半が「静電容量方式」のため、表面が濡れた状態では反応しません。
必ず水分をふき取ってから防水ケースに入れて下さい。