メーカー製PCに使用できますか?

メーカー製PCの場合、マザーボードや電源が特殊仕様となっている場合があります。
現在自作PC向けに取り扱っている電源の規格に対応できない場合がありますので、動作保証は致しかねます。予めご了承下さい。

(対象商品: )

中をのぞくと白い物が付着しています。液漏れですか?

電源内部にある白いものは部品固定用のシリコンボンドの一種になります。絶縁素材となりますので、電源本体に悪影響を与える事はありません。
塗布箇所、量等はモデル、メーカーによって異なる場合があります。
また、塗布の段階では液体ですので、塗布時にムラが発生する可能性があります。液漏れ、不具合ではありません。

(対象商品: )

BIOS上で見ると電圧が低い(または高い)ように見えますが、異常ですか?

各出力電圧は変動します。下記範囲内の変動値であれば問題ございません。
・+3.3V:3.13~3.46V(±5%)
・+5V :4.75~5.25V(±5%)
・+12V:11.4~12.6V(±5%)
・-12V:-10.8~-13.2V(±10%)

(対象商品: )

マザーボードのCPUコネクタが8pinではなく4pinなのですが、どれを挿せばいいのですか?

CPU用の4+4pinケーブルの片方(4pin)を使用してください。現行モデルの4+4pinコネクタはコネクタ設計上、左右どちら側を使用しても問題ありません。

(対象商品: )

付属のモジュラーケーブル、コネクタを改造したい

市販の分岐、変換ケーブル等を接続することは問題ありませんが、付属ケーブル自体の加工、改造は行わないでください。
改造行為になりますので、保証対象外となります。また、改造行為により商品、接続機器が破損した場合、一切その責任を負いません。

(対象商品: )

電源内部を清掃したいので開けてしまっても問題ないですか?

弊社取り扱いの電源ユニットに限らず、電源ユニットの封印シールを破ってしまった場合、一切の保証が消失します。

電源ユニットの分解、開封は絶対に行わないで下さい。電源内部のホコリ等の清掃は市販のエアーダスター等で吹き飛ばしてください。

(対象商品: )

パソコン用電源ユニットの「新品交換保証」について教えてほしい。

一度弊社にてお預かりし、不具合が確認できた場合につきまして「新品交換」とさせて頂きます。
交換品発送の際は一度弊社にて通電チェックを行いますので、開封致します。予めご了承下さい。
不具合が確認できない場合、返却となる場合がございます。
尚、該当商品が終息となった場合は「後継品」との新品交換となります。
保証期間は初回購入日よりの適用となります。商品交換日ではありません。
また、電源ユニットのシリアル番号を確認致します。シリアルが無い、または弊社取り扱い商品ではない場合、保証致しかねます。

(対象商品: )

シャットダウンしてもキーボードやマウスのLEDが点灯している。

システム内に電源ボタンを動作させるための「5Vsb」の電流が流れていますので、システムによりLEDが点灯したままになる場合があります。

(対象商品: )

電源単体のスイッチをONにしたが、電源が動きません。

電源ユニットはマザーボード側からのPOWERON信号を確認して動作します。電源背面の主電源スイッチをONにしただけでは動作致しません。

(対象商品: )

パソコン内部の増設や取外しの際は、主電源をOFFにしたほうがいいのでしょうか?

シャットダウンだけでは内部に5Vsbの電流が流れていますので、ショートや誤作動、破損を招く場合があります。
必ず主電源をOFFにして内部の作業を行って下さい。

(対象商品: )

24pinメインケーブルに1本欠けている部分があります。

かつて「-5V」が存在していた頃の名残になります。電源の規格変更に伴い廃止されましたので、-5Vがあった所だけ欠けています。商品不具合ではございません。

(対象商品: )

電源内部のFANの回転数を見たり、回転数を変更することはできますか?

弊社取り扱い電源ではその機能はございません。予めご了承下さい。

(対象商品: )

EPS 8pinケーブルとATX4 +4pinケーブルどちらを使えばいいのですか?

ピンアサイン上は同じ物となりますので、両方ついている電源の場合、どちらをご使用いただいても問題ございません。

(対象商品: )

光学ドライブやHDDを一本のケーブルにまとめても問題ないですか?

一本のケーブルに分岐ケーブル等で分配しすぎると、電力が十分に供給されない状態になる事があります。
ケーブルのコネクタ数=接続機器数としてのご使用を推奨致します。

(対象商品: )

どれくらいの容量の電源を購入したらいいのかわかりません。

構成パーツの最大消費電力の合計が電源の50%~60%くらいにくる容量をお勧めします。
最大消費電力の合計が300W位の場合、600W前後の電源のご購入を推奨致します。
構成ギリギリの出力の電源を使用した場合、部品の寿命低下、発熱、騒音の増加を招く可能性があります。

(対象商品: )