Owltech
  ホーム | 製品情報 | 製品サポート | 取扱店案内 |
 ファンをパソコンケースに取付ける
ファンを使うことによって得られるメリットは2点あります。まず1点は、空気の流れを良くして、パソコンケース内の温度上昇を抑えることです。もう1点は静音設計のファンを使い、気になる騒音を低減することです。

ファンを選ぶときは、サイズ、風量、回転数、音圧レベル(騒音)などの違いのほかに、温度を検知して回転数を変えるサーミスタ付きもありますので、目的に合わせて選んでください。

パソコンの温度や騒音が気になる方は、この機会に新しいファンを付けてみてはいかがでしょうか。それでは、超静音F8-SSSを例にご説明します。

1.パソコンケースのサイドパネルを外します

始めにパソコンの電源をOFFにして、電源ケーブルを外します。
次にパソコンのサイドパネルを外します。

ファンの数と取付ける場所は、パソコンによりますが、ここでは前方から吸気して、後方に排気するため2個のファンを用意します。


2.ファンを取付ける場所を確認します。

パソコンの後方には通気穴と、ファンを固定するネジ穴があります。
このネジ穴の位置は、80mm角ファンのF8-SSSと合います。

前方のファンはドライブの下に取付ける場所があります。


3.空気の流れる方向を確認します。

ファンには2つの矢印が書いてあります。
左向きの矢印は、空気が流れる方向です。
下向きの矢印は、ファンが回転する方向です。
取付けるときは、吸気と排気の風向きに注意してください。

4.ネジで固定します。

ネジ穴に合わせて、ファンを固定します。




5.ファン電源コネクタに接続します。

ファンのケーブルをマザーボードのファン電源コネクタに接続します。
コネクタの位置は、マザーボードの取扱説明書でご確認ください。
マザーボードの3ピン コネクタが不足している場合は、変換ケーブルCBL-CL4を別途用意して接続してください。
これでファンの取付け完了です。

ケースファンに関する情報は、製品カタログをご覧下さい。
Page Top  
ご利用条件 © 2004 Owltech Corporation All rights reserved.