SATA2ケーブルシリーズ SATAケーブル比較
豊富なカラーバリエーション、ケーブル長のラインナップ
コネクタ [ストレート]-[ストレート] タイプ コネクタ [ストレート]-[ 下L型 ] タイプ コネクタ [ストレート]-[ 上L型 ] タイプ
《 シリーズ詳細へ 》 《 シリーズ詳細へ 》 《 シリーズ詳細へ 》
 

 
コネクタの形状について
ストレート、下L型、上L型と3種類のコネクタ形状をお選びいただくポイントとして、右のケーブル挿し込み例の写真と、お客様のご利用環境を合わせてご参考ください。
 
「下L型」と「上L型」の違いはSATA2コネクタの向きにあります。同じL型ですが、これらを上手く使い分けると見た目もスッキリした綺麗で機能的で配線が可能になります。

※上L型には構造上ロック機能(ラッチ)がありません。
ストレート 下L型 上L型
◆高速転送(6Gbps対応) SATA3.0対応
◆RoHS指令適合品
◆ノイズ対策・高性能シールドケーブルもラインナップ
◆コネクタ部に接続端子金メッキ処理 
◆ラッチ式ロック機能コネクタ採用
◆コネクタには安心・保護キャップ付
◆L型コネクタモデルには抜差に便利な取っ手が付いています。
(※ロック機能付の下L型は必ずラッチを押しながら抜いてください。無理に引き抜くとコネクタが破損する可能性があります。)
 
ロック機能付で
抜けにくいコネクタ
  コネクタ保護キャップ付属
L型コネクタには抜き差し便利な取っ手付

※ケーブルを抜く際は、指印部分のラッチを押さえながらロックを解除してケーブルを抜いてください。ロックを解除しなと抜けません。無理に力を入れるとSATAコネクタが破損する恐れがあります。
豊富なカラーバリエーション
PCケース内部でHDD等を増設する際、1色のケーブルだけの配線だとゴチャゴチャしてどのHDDに配線したかも非常にわかりにくくなります。そこで色分けで配線すると、右の写真通り、すっきりわかりやすい綺麗な配線が可能となります。
 
赤いケーブルのみの配線   赤・黒・青の3色で配線
、ケーブル長のラインナップ